経済的自由人とは

経済的自由人:お金を稼ぐための労働を必要としない人

1. 経済自由人になる方法は、自分のビジネスを起こして成功すること。

(ア) 経済自由人はビジネスを所有している

2. そこで得た余剰の資金を株や不動産に投資して億万長者になっている。
3. 自分のビジネスを自動化しお金とビジネスに働いてもらう仕組みを作る。

経済自由人になる4つの条件

1. 自分の選んだ分野でTop10%に入る
2. ふさわしい人格を身に着ける
3. 必要な知識・知恵を身につける
4. 感情のバランスが取れている

人生のある時点で自由になりたいと心から願ったから自由人になれた。
自分の人生のすべてを自分で決めたいと思った

1. 時間の自由
2. 仕事のスタイルの自由
3. 経済の自由
4. 住むところを自分で決める自由
5. お金で人生を制限しない自由

経済自由人のものの見方

1. お金を、はさみのように、単に道具としてしか見なくなる。
2. 仕事を人に喜びとお金を同時にもたらす物と考えている。仕事を楽しむ。
3. 小規模の会社を目指す。
(ア) 顔、性格、趣味、家族構成までお互いを把握できる規模
(イ) 年商数億の規模の会社
4. たくさん失敗しているうちに正解にたどり着けることを知っている。
(ア) わくわくして失敗している
(イ) 自分も楽しめて周りを喜ばすことを常に考えている。
5. 複数のビジネスを所有している。
6. 知恵さえ絞ればたいていのことは実現すると考え実際にそうする

4つの分野のマスターになる

1. ビジネスのマスター
(ア) 複数ビジネスを所有
2. お金のマスター
(ア) プレゼントを贈る習慣
3. 目標達成のマスター
(ア) やりたいことを紙に書いて次々と達成
4. 人間関係のマスター
(ア) 誰が信頼できるか学び、仕事を任せる術をマスター

経済自由人的ビジネス

1. どこにでもある普通のビジネスを地味にやっている。テクノロジーと無縁
(ア) 花屋、クリーニング店、コンビニ、ビデオレンタル
(イ) セミナー会社、英会話等複数会社を経営

2. ビジネスを大きくしない
(ア) ビジネスシステムを完成することに経営資源を投入

起業が失敗する理由

1. 情熱が欠けている
2. お金を儲ける執念を忘れている
3. 手間をかけずに日常のビジネスをまわすシステムがない
4. 自分にあっていないビジネスを我慢してやる
5. 時代にあっていないビジネス
6. 成功者のリズム、暖かな雰囲気がない
7. 感情をコントロールできない

起業家としての成功度10

1. 一晩かけても語りつくせない夢と情熱がある
2. 健康と体力がある
3. 目標達成能力がある
4. その分野の専門性がある
(ア) 本当に好きなことを極めてゆく
5. 営業力
6. マーケティング力
7. 経営知識
8. お金をうまく稼いでまわしてゆくセンス
9. 良好な人間関係を保つスキル
10. 応援され上手

経済自由人に備わる8つのビジネススキル

1. 多くの人が共感し、わくわくするビジョをはっきりと描く
2. スピーチとプレゼン能力
3. 営業力のスキル
(ア) 大好きなもの、本気でほれ込むもののみ扱う
(イ) トップクラスの営業は紹介でしか営業しないから効率がいい
4. 人に好かれる能力
(ア) 自分らしく好きなことを自然体でやる
(イ) 何事も一生懸命にやる
(ウ) 出会う人皆を好きになる
5. 人の心を瞬間的につかみ、応援される力
(ア) ありがとうといって深くお辞儀をする
(イ) 見送りを忘れない
6. お金のセンス
(ア) 関係者が喜ぶお金かどうか
7. 口コミを引き起こす
(ア) わくわくのエネルギー
(イ) 製品にストーリーがついている
8. 人脈を金脈に変える
(ア) 友人リストは、何をおいても助けに行く人のリスト
(イ) 自分の人脈には100%与えること
(ウ) 喜びそうな情報を与える
(エ) 人脈とは情報を共有する生命体

ビジネスで成功する7つの戦略

1. 自分がわくわくすること、いけると思ったことをやる
(ア) 24時間やっても飽きないこと
(イ) 情熱的になれるものはすべて追いかける

2. ポジショニングを確立する
(ア) 最初から練りに練って第一印象を与える
(イ) 自分らしさを明快に打ち出す
(ウ) 誰が見てもユニークなポジショニングを打ち出す

3. ブランドパワーを知る

(ア) ブランドは一度確立するとイメージを変えるのが困難
(イ) 構築する前に綿密な戦略を練る
(ウ) パーソナルブランドを作る
(エ) 親しみやすいキャラクターを作る

4. キャッシュポイントを明確にする
(ア) お客さんが喜んでお金を払ってくれる仕掛けを作る
(イ) 一番ほめられること、よく頼まれること、好きなこと

5. ビジネスシステムを作っておくこと
(ア) ビジネスが流れる仕組みを作る
(イ) アプローチ、コンタクト、プレゼン、検討、決断、提供、フォロー、紹介、リピート
(ウ) リピートが来る仕掛けをつくる

6. 資金の見通しを立てておく
(ア) 現金、前払い、年払い

7. チームを作る
(ア) 信頼が置けて優秀なメンバーをスカウトしてゆく
(イ) チームのメンバーがわくわくするようなプロジェクトやチームをつくる

8. ファンクラブと応援団を作る
(ア) システムとしてファンの人たちと交流を持つ
(イ) 多くのファンは何の見返りも求めていない

企業家が陥りやすい6つのわな

1. ビジネスを続けるためにすべてを犠牲にする
2. 子供や家族の未来をキャッシュに変えてしまう
(ア) 現在の成功を味わうことなく次々とビジネスを立ち上げる
(イ) 家族・子供と過ごす時間がなくなる
3. お金やビジネスのために友情や心の平安を捨てる
4. 会社の成功のために従業員にプレッシャーを与える
(ア) かかわる人すべてが幸せになるシステムが必要
5. 人の恨みやねたみを買う
6. 走り続ける

望む現実を作る経済自由人の方法

やりたいことはやるだけ

目標
夢に日付が入ったもので、時期と達成したい項目が明確

予定
やりたいことはすべて予定のように考え、スムーズに実現

夢を予定に変える

1. 物事が実現するような気持ちでいることが大切
2. 次々とドアが開いていく感じで勧める
3. そういう現実が作られたのを知っている
4. かもめのジョナサンの「すでにそこにいるのだ」
5. 自分はすでに成功していることを知る

経済自由人が実行する8つの習慣

1. 誰に対しても世界一大切な人のように接する
(ア) あの人とあの人をつないだら楽しいだろうな。
(イ) 何の見返りも求めない
2. 思いついたこと、やりたいこと何でも紙に書く
3. あらゆるメディアを使って連絡をまめにとる
4. 本を読み、テープを聴き、セミナーに行く
5. 感謝を形で表す
(ア) 毎日がプレゼント日和
6. 新しいことにチャレンジする
7. 人と信頼関係を築き、ビジネスシステムを任せる
(ア) 親身に接して、たくさんの友人を得る
8. 寄付をしたり、無料で与える

経済自由人が持つビジネスと人生の哲学

1. 与える人は豊かになる
(ア) 接する人が豊かになるようにいつも考えて行動する
(イ) 縁のある人すべてを応援している
2. 自分らしく大好きなことをやっていれば道は必ず開けると信じている
(ア) 自分に不向きな仕事をするほど自分を不幸に貧乏にすることはない
3. 起業のチャンスは誰にも無限にある

ビジネスは自分を映し出す鏡

1. お金を稼ぐ道具と思うと、周りは人を押しのけてでも稼ぐ人ばかりになる
2. 自分の持てるものをすべて与えて分かり合うと疲れない
3. 最大の悲劇は自分が誰かわからないまま回りに振り回されて生きること
4. 競合せずに強調して仕事をする
5. 自分の大好きなことを仕事にする


夢をかなえるお金の教え 豊かさの知恵 お金と幸せを呼びこむ「経済自由人」という生き方